群馬県社会保険労務士会
群馬県社会保険労務士会
社労士とは?

社労士とは?

社会保険労務士制度は、企業の需要に応え、労働社会保険関係の法令に精通し、適切な労務管理その他労働社会保険に関する指導を行い得る専門家の制度です。この制度は、労働・社会保険に関する法令の円滑な実施を図り、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上を目的とした社会保険労務士法(昭和43年6月3日法律第89号)により定められています。

社会保険労務士とは、社会保険労務士法に基づき、毎年1回、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、2年の実務経験者がある者で、全国社会保険労務士会連合会に備える社会 保険労務士会名簿に登録された者をいいます。平成28年3月末日現在、社会保険労務士は全国で40,110人、社会保険労務士法人社員は1,648人です。

倫理綱領

群馬県会は、社会保険労務士の職責を適正に果たすために、次のような倫理綱領を掲げて、会員の品位向上に努めています。

社労士の業務内容

◇ 年度更新・算定業務

◇ 年金の相談・請求など

◇ 安全衛生

◇ 労働安全

社会保険労務士業務の概要

1.代理・代行

労働基準法、労災保険法、雇用保険法、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法 に基づく申請や届出。
休業補償、出産育児一時金、出産手当金、傷病手当金などの請求。
労働保険、社会保険の加入・脱退、各種給付金・助成金などの請求。

2.書類作成

就業規則、賃金・退職金規程、労働者名簿・賃金台帳などの作成。

3.相談指導

賃金、退職金、労働時間、福利厚生、年金、採用、人事、賞与、解雇、定年、教育 訓練、能力開発、安全衛生管理。

委託するメリットは?

1.企業経営に専念

事業主は、労働・社会保険の複雑な手続きから解放されます。

2.人件費の節約

担当の事務員を配属する必要がなくなります。

3.事業手続きの改善

行政機関などへの報告・届出手続きがスピーディーに処理され、帳簿書類も正確に作成されます。

4.経営の円滑化

法令改正や労務管理全般に関する情報が入手しやすく、事務所は有利な各種助成金が利用できます。

5.適切なアドバイス

それぞれの事業所に適したアドバイス、指導が受けられます。

群馬県社会保険労務士会