群馬県社会保険労務士会
群馬県社会保険労務士会
会長ご挨拶

この度は、群馬県社会保険労務士会のホ−ムペ−ジをご覧くださり有難うございます。

労働基準法が改正されました

平成22年4月1日から労働基準法が改正されました。事業主の皆さん改正に伴う対応はお済みですか。今回の改正は次のとおりです。

1、時間外労働の割増賃金率が引き上げられ、割増賃金の支払いに代えた有給休暇の仕組みが導入されました。(中小企業は当分の間猶予されます。)

2、割増賃金引き上げなどの努力義務が労使に課せられます。

3、年次有給休暇を時間単位で取得できます。(労使協定により)この改正について、社会保険労務士に相談してください。対応する 社会保険労務士の名簿が、このホ−ムペ−ジに掲載されています。

厳しい経済情勢の中で雇用調整助成金等の活用を!

「百年に一度と言われる」不況から抜け出す気配がありません。雇用の問題が大きな社会問題となる 中で仕事量の減少した企業は、雇用を維持するため休業日を増やし生産調整をしています。事業所の都 合による休業は平均賃金の60%以上を従業員に支払わなければなりませんが、国は中小企業に雇用を 維持して貰うために、その支払った休業手当に対して「中小企業緊急雇用安定助成金」や「雇用調整助 成金」を支給し、雇用を維持する事業所を援助しています。社会保険労務士は、この助成制度のアドバ イス・手続き事務の代行を行っています。経営者の皆さん、どうぞ詳しくは、社会保険労務士にご相談 ください。なお、会員名簿はこちらに掲載されています。

個別労働関係紛争防止は労働契約・就業規則の整備から

厳しい経済情勢で労働条件の変更によるトラブルが個別労働関係紛争として増大しています。トラブル防止の ため就業規則や労働契約の締結、契約内容の精査・点検等の取組が大切です。社会保険労務士は、労働問題 の専門家として個別労働関係紛争の事前防止や発生後の相談や対応のアドバイスを適切に行っています。 このホ−ムペ−ジに掲載されている当会「総合労働相談所」をご利用ください。

年金の相談

年金記録問題もまだ解決していません。国民皆さんの権利擁護、不安解消のため私達、社会保険労務士 は市町村等における「年金相談会」を始め、年金に関する唯一の国家資格者として取組をより一層強め ます。私達、社会保険労務士は、皆さんの利便性の向上等の寄与と年金制度の発展のため頑張ります。

年金・労務管理の専門家、社会保険労務士の活用を!

企業の発展は「人」です。法令の順守や従業員とのコミュケ−ション作り等が大切です。中小企業の良 き相談として労働社会保険諸法令の手続き業務、労働安全衛生の対策、就業規則・給与規定等の作成・ 変更、年金の相談、給与計算事務や手続きを社会保険労務士が行います。企業の発展のため、労働関係、 年金の唯一の国家資格である社会保険労務士をお勧めします。

関係官庁等への事務代理をおこなっています

社会保険労務士は、全国健康保険協会(協会けんぽ)への健康保険に関する事務、年金事務所への年金 手続き、労働基準監督署への就業規則・時間協定・労災保険等の手続き、公共職業安定所(ハロ−ワ− ク)への求人票等の人の確保についての取組、雇用保険等の手続きや給与計算事務をおこなっています。 企業における事務負担の軽減化を図るため、社会保険労務士をご活用ください。 なお、会員名簿はこちらに掲載されています。

群馬県社会保険労務士会