群馬県社会保険労務士会
群馬県社会保険労務士会
試験情報

第49回 (平成29年度)社会保険労務士国家試験が終了

第49回 (平成29年度)社会保険労務士国家試験群馬会場での試験は、平成29年8月27日(日)前橋市小屋原町の共愛学園前橋国際大学と共愛学園高等学校で実施されました。受験者数は次のとおりです。

項目
総数
前橋国際大学
共愛学園高校
受験申込者数(名)
1,263
901
362
受験者数(名)
983
672
311
受験率(%)
77.83
74.58
85.91
  
合格者の発表
  
平成29年11月10日(金)
  
群馬県社会保険労務士会事務局内に午前9時30分から合格者の受験番号の掲示等を行います。
電話等による試験の結果に関する照会には、その理由の如何を問わず応じられません。
  
  

社会保険労務士になるためには国家試験に合格しなければなりません。国家試験には一定の受験資格が定められています。

<受験資格一覧>

1.学校教育法による大学において学士の学位を得るのに必要な一般教養科目の学習を終った者
  又は同法による短期大学若しくは高等専門学校を卒業した者
2.上記の大学(短期大学を除く)において62単位以上を修得した者
3.旧高等学校令による高等学校高等科、旧大学令大学予科又は旧専門学校令による専門学校を
  卒業し、又は修了した者
4.前記1又は3に掲げる学校等以外で厚生労働大臣が認めた学校等を卒業し又は所定の課程を
  修了した者
5.修業年限が2年以上で、かつ、課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上の
  専修学校の専門課程を修了した者
6.社会保険労務士試験以外の国家試験のうち厚生労働大臣が認めた国家試験に合格した者
7.司法試験第1次試験又は高等試験予備試験に合格した者
8.労働社会保険諸法令の規定に基づいて設立された法人の役員(非常勤の者を除きます。)
  又は従業者として同法令の実施事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
9.国又は地方公共団体の公務員として行政事務に従事した期間及び特定独立行政法人、
  特定地方独立行政法人又は日本郵政公社の役員又は従業員として行政事務に相当する事務に
  従事した期間が通算して3年以上になる者
10.行政書士となる資格を有する者
11.社会保険労務士若しくは社会保険労務士法人又は弁護士若しくは
  弁護士法人の業務の補助の事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
12.労働組合の役員として労働組合の業務に専ら従事(いわゆる「専従」といいます。)した期間が
  通算して3年以上になる者又は会社その他の法人(法人でない社団又は財団を含み、労働組合
  を除きます。以下「法人等」といいます。)の役員として労務を担当した期間が3年以上になる者
13.労働組合の職員又は法人等若しくは事業を営む個人の従業者として労働社会保険諸法令に
  関する事務(ただし、このうち特殊な判断を要しない単純な事務は除かれます。)に従事した期間
  が通算して3年以上になる者
14.全国社会保険労務士会連合会において、個別の受験資格審査により、
  学校教育法に定める短期大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者

社会保険労務士試験の実施概要については試験センターに直接お問い合わせ下さい。
詳細情報をお探しの方は、下のボタンをクリックしてください。

群馬県社会保険労務士会