『あなたの職場のトラブル、社労士会労働紛争解決センターにあっせん申し立てしてみませんか?』
 
1.はじめに
  社労士会労働紛争解決センター(以下『解決センター』という。)は、「裁判外紛争解決手続の利用の促進に
 関する法律(ADR法)」に基づく法務大臣の認証と、社会保険労務士法に基づく厚生労働大臣の指定を受けて、
 労務管理の専門家である特定社会保険労務士が、トラブルの当事者の言い分を聴くなどしながら、その
 知見と経験を活かして、個別労働関係紛争を、「あっせん」という手続きにより、簡易、迅速、低廉に
 解決(和解の仲介)する機関です。
 
2.あっせん申し立てをするにはどうしたらいいか
 Q1 会社から一方的に解雇を告げられ、困っています。直接、解決センターに申し出ればいいのですか?
 Q2 職場のトラブルであれば、どんな内容でも申し立てできますか?
 Q3 申し立てに代理人を立てることはできますか?
 Q4 あっせん申立書にはどんなことを書けばいいのですか?
 
3.「あっせん」手続の流れ、費用、実施日などについて
 Q5 申し立てをしてからの手順を説明してください。
 Q6 申し立てをするときの費用はいくらですか?
 Q7 あっせんは、どこで行われますか?また、いつでも行っていますか?
 Q8 和解の仲介は、どのように行われますか?
 Q9 あっせん期日に出席しましたが、相手方が、なかなか和解案に応ずる気配がない場合は、あっせん委員は
    どうするのですか?
 Q10 解決センターに申し立てをすると何か法律的な利益がありますか?
 
4.さらに詳しく理解するために
 Q11 あっせん委員には、どういう人がなるのですか?
 Q12 あっせん委員は、忌避(他のあっせん委員に交替)できますか?
 Q13 「解決センター」と都道府県労働局の「紛争調整委員会」との違いは何ですか?
 Q14 申し立ての内容について熟知している者(上司、同僚などの参考人)がいる場合、あっせん期日に呼んで
    発言してもらってもいいですか?
 Q15 相手方が、申し立てに応じない場合はどうなりますか?また、申し立てをしたことが相手方(事業主)に
    分かり、相手方から不利益処分(嫌がらせなど)を受けた場合、どうしたらいいですか?
 Q16 提出した個人情報資料等は、あっせん手続き終了後は返してもらえますか?
 Q17 申し立てに関する一切の秘密は守られますか?
 Q18 和解の成立以外で事件が終了する場合もありますか?
 Q19 あっせん手続に関して、あっせん委員及び解決センター職員に苦情がある場合は、受けてもらえますか?
 Q20 成立した和解契約の内容について、当事者の一方が履行(実行)しないときはどうすればいいのですか?
 
 
 あっせん申し立てチラシはこちら
 あっせん仮申込書(FAX用紙)はこちら
 
 
 
Copyright 2011 社労士会労働紛争解決センター群馬 All Rights Reserved.